海鮮料理 島 (沖縄県恩納村仲泊)

 

沖縄は国道58号線を北上し、
恩納村のルネッサンスリゾート・キオナワを通過して、
左の側道を海沿いに真っ直ぐ行くと左手にある食堂。
「海鮮料理店 島」

看板がきれいになってる!
店内が広くなった気がする!

住所も連絡先も控えていないし、
ガイドブックにものっていないんだけど、
地元の料理が食べられると思って入ったのが数年前。
それから沖縄を訪れると足を運ぶお店なのでした。

席はテーブルと座敷をあわせて60席ほど。
ゆったりとした座席間隔なので、
他のお客さんを気にせずのんびり食事をすることができます。

沖縄の魚というとカラフルで食べるの?
という印象を持つかもわかりませんが、
実はおおむね
白身の魚で味も淡白。
とっても食べやすいです。






















右の写真は
「島定食(小)」
魚のバター焼き・刺身・ご飯・もずく・
味噌汁・おしんこうがついて1,200円。 
沖縄の魚料理でバター焼きというのはスタンダードな料理法とのこと。
魚の味が存分に引き出され、
小骨が少ないことも相まって子供たちもパクついていました。
私の技術が無い所為かこの「島定食」のボリュームが
伝わりにくい写真ですいません。

しかし、これがまた黙って一気に食べてしまうくらい美味いんだよな。

勝手にリンク
この方も「島」に行ってらっしゃいました。
まがぽんさんの「沖縄旅行記」)
http://www.magapon.com/okinawa/oki08.html

左の写真は「貝とたこの味噌炒め」です。
うちの家内はこの味噌炒めの味噌の味に心打たれて、
訪れた時は必ず頼んでいます。
貝とたこの食感がとってもいい感じです。


 この他、写真は取り忘れましたが、
 
「海ぶどう」も沖縄ならではの食材です。
 ここでは氷の上に乗せられた海ぶどうをドレッシングにつけて
 食べました。
 ソーキそば・ゴーヤーちゃんぷるー・海ぶどうの3つはやはり
 御当地沖縄で食べなくてはなりません。

 新鮮な魚に海ぶどうなど、
 ホテルやレストランの食事もいいけどやっぱり地元の食堂。
 これは旅の鉄則かもしれません。
 ここは我が家の家族そろってお薦めです。

 

戻る